セフレが欲しい男性の教科書|妻子持ちでセフレ3人の僕の持論!

褒められた話ではありませんが…

 

セフレと会う

 

僕は既婚者でありながら、セフレを今現在3人キープしています。

 

はい、褒められたことじゃありませんね。

 

それでも、あえて言わせてもらいますが…

 

身近な友人や会社の同僚たちよりも、妻と子供との関係性は良好ですし、僕の周りの人間はみな幸せな状況です。

 

妻も愛していますし、妻からも愛されている実感があります。

 

「不貞行為!妻への裏切り!人としてあるまじき行為だ!」

 

その通りかもしれませんし、弁明するつもりもありません。

 

しかし、僕としては既婚者であっても、セフレを持つことの効用は大きいと実感している次第です。

 

嘘も方便という言葉があります。

 

僕は性エネルギーの強い男性ほど、セフレを持つ必要性があると考えています。

 

そのことで、仕事も家庭も両立させることが可能になると実感しています。

 

ここから先は、セフレが欲しい男性だけ見て下さい。

 

既婚者だけではなく、独身の男性でも、まだ恋人を作った事がない童貞の男性でも…

 

セフレが欲しいと思っている男性だったら、どなたにでも「糧」になる話になるでしょう。

 

誰にも話たことがない、僕のセフレ持論であり、ここ以外では語らないセフレノウハウです。

 

顔も知らないあなたにだから、語れる話です。

 

このページでは、セフレが欲しい男性のために、セフレの魅力とセフレの作り方について僕の持論をまとめました。

 

セフレの作り方だけでなく、セフレと関係を続けるための極秘の連絡手段など、「小技」も多数ご紹介しています。

 

今現在、セフレを持つ男性にも目からうろこかもしれません。

 

このページを読み進めて、後半に行くほど「なるほど」「へー」が頻発することでしょう。

 

何かを売るつもりもありません。

 

ただ僕は、僕の性に対する自論を述べて、参考にしてもらえる人がいれば良いなぁという気持ちだけです。

 

誰にも話したことがないため、このページで吐き出すことで、自分なりの承認欲求を満たしたいのかもしれません。

 

余計な話はこれくらいにして、さっそく入っていきましょう。

 

活用するかどうかは、自己責任でお願いします。

 

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

PC-MAX公式HP(18歳未満禁止)

 

セフレを持つことは悪いことなのか?

 

セフレの効用

 

セフレを持つことは、男として心の余裕をもたらしてくれます。

 

性を身近に準備できている精神的な効用は大きく、その余裕が女性をさらに魅了します。

 

一種の相乗効果をもたらしてくれるため、無駄に職場で好意を示されたりすることも増えます。

 

学生の頃には、職場恋愛の経験もありますが、今の職場ではリスクが高いと感じるため手を出さないままですが…

 

それでも、職場の女性に好意を持たれていると、何かと仕事もやりやすかったりするものです。

 

セフレがいると、賢者モードも人より長く、自己肯定感を高められるようにも感じます。

 

既婚者がセフレを持つ効用

 

既婚者がセフレを持つことには、賛否両論というより、世間的には悪評が当然でしょう。

 

しかし、上手にセフレと付き合えば、それは本命や夫婦関係においてプラスの作用をもたらします。

 

夫婦とは言え、しょせんは他人です。

 

清廉潔白、全て100%透明性をキープすることなど、土台無理な話です。

 

「不貞行為といって法律で禁止されているじゃないか!」

 

確かにその通りです。

 

しかし、それでもセフレを持つことが僕は悪いことだとは思いません。

 

不貞行為だと訴えるのは妻側であり、その妻側に気づかれずに良好な関係を続けられるのなら、たとえ不貞行為だとしても問題ないのではないでしょうか?

 

不貞行為のレベルも明確に定められていませんし、そもそも何をもって不貞行為というのでしょうか?

 

妻とのセックスに満足できず、イライラしながら妻に八つ当たりをしてしまうくらいなら…

 

そっちのほうが、妻にとっては迷惑な話ではないでしょうか?

 

外で煩悩を解消し、すっきりした状態で妻に向き合えるのなら、それは必ずしも妻への不貞な行為といえないと考えています。

 

完璧を妻に求めることがなくなります。

 

自分自身が、褒められた生き方をしていない人間だと実感がわくので、人を否定したり自分の正しさを押し付けたりする欲求が激減します。

 

それだけだと、自己肯定感がダダ下がりで、鬱にでもなりそうなものですが…

 

自分を低く見つつも、男としての満足感が隠れた自信となって、意味わからず人生が充実してきます。

 

職場の若い子を想像しながら、シコシコして、妻には八つ当たりして…

 

セフレを持つと、妻の小さな発言や失態に対して、大目に見るという行動が自然とできてしまいます。

 

そういう男性ほど、既婚者がセフレを持つなんて、不貞行為は最低だ!とか言いがちではないでしょうか…

 

後でも触れますが、僕は周りの人間に誰一人としてセフレの話をしていません。

 

きっと身近な友人などにもセフレの話をすれば、否定してくる人間はいるでしょう。

 

しかし、僕とセフレ以外に関係を知らないような状況では、誰にも咎められず、それでいて当事者2人はお互いに重宝しあっている関係です。

 

世間体を気にしすぎるあまり、殻を壊せず、鬱憤を身近な人間にぶちまけて生活する方が、僕には耐えられません。

 

風俗では得られない高揚感

 

「スッキリしたいんだったら、風俗で良くないか?」

 

風俗を否定するつもりはないですし、むしろ社会にとっては必要な存在だと考えています。

 

ただ、僕の場合は、やはりお金を払ってビジネスライクでセックスすることに、魅力を感じません。

 

そもそも、興奮の仕方が違います。

 

女性にしても、濡れ方が違います。

 

女性を口説いて、ベッドを共にすることに、男としての価値が付くと考えています。

 

セフレと会って、セフレをヨダらせている時に、男としての価値を僕は感じています。

 

それによって、高揚感や自己肯定感も満たされるわけです。

 

風俗でも、こういった感情を得られるのなら、そこに投資するのもありでしょう。

 

僕の場合は、気軽に話せて、お互いのことを知り合っている女性とのセックスが、何よりも欠かせない存在です。

 

セフレという存在は、男性にとっては「必要悪」といいますか、「悪」というよりも、僕にとっては「宝」だとさえ感じています。

 

目指すべきセフレとの理想の関係

 

女性にとっても都合が良い男

 

僕が思う、女性にとって都合が良い男の定義は以下の通りです。

 

「執着しない、適度に甘えてくるし甘えられるし、理解してくれる男」

 

セフレ女性が年上でも年下でも、都合が良い男として認めてもらうためには、とにかく執着は厳禁です。

 

そもそも、妻や彼女への執着を分散させるためにセフレを作っているはずなのに、そのセフレに執着してしまっては本末転倒です。

 

セフレ女性側からしても、セフレの男性に対して愛情は求めていないものです。

 

ただ、性欲を満たし、自己肯定感を満たし、癒しを得られる存在、それがセフレの理想の形です。

 

彼女も妻もなく、一人独身の男性でも、セフレに執着したら、それはもはや、都合が良い関係ではなくなります。

 

理解しあえる踏み込まない関係

 

ただセックスだけの関係というのは、機械的な関係になりやすく、多くの場合は女性側からリタイアを訴えてきます。

 

若いころの僕も、女性に対してセックスの道具のような扱いをしてしまったことがありますが、ほぼ女性側から別れを告げられます。

 

セフレとはいっても、愛情とは違う、友情とも違う、秘密を共有する都合のいい関係がベストです。

 

恋人や妻のように、誕生日を祝って、少し高価なプレゼントを渡したり…

 

そんなことをする必要はありません。

 

何かものをプレゼントするのではなく、彼女の話を聞いてあげること!

 

これが、何よりも重要です。

 

ちょっとしたサプライズとして、物を贈ることもありですが、基本は一緒にいてリラックスしてもらえる為の「施し」が重要となります。

 

女性はアドバイスなど求めていません。

 

ただひたすら、彼氏や旦那、会社や友達の話や愚痴を聞いてあげて、「君は間違ってないよ」と寄り添ってあげればOKです。

 

あとは、可愛い、綺麗、とちょくちょく褒めて、一緒にいる時間を「癒し」に感じられるように努力しましょう。

 

高等なセックス技術など不要、誰でも出来るサービスです。

 

セフレになりやすい女性ほど、何らかの「満たされない感情」を抱えています。

 

あなたと会える時は、その鬱憤(うっぷん)を晴らせるような、そんな快楽を提供しましょう。

 

お互い秘密を守れる関係

 

理解してあげられる存在だからといって、日常からこまめにに連絡を取られては迷惑ですね。

 

お互い秘密を守ることを前提としている以上、一緒にいない時には最低限の連絡で済ませる必要があります。

 

寂しいからと、セフレにLINEして、雑談のやり取りなどするべきではありません。

 

この辺は、セフレ選びの段階から選別する必要があります。

 

彼氏がいたり、旦那がいたり、家庭があったり…

 

何かしら本命となる場所を守りつつ、外で羽目を外したい。

 

そんな女性を狙って、セフレを作ることが大切です。

 

一緒にいない時間は、電波越しでも殆どつながることがないようにしましょう。

 

長く関係を続けることが目的ですし、そのことを女性にも告げて納得してもらう必要があります。

 

「会ってない時は、基本連絡は取れない。バレて関係が終わるのは嫌だから」

 

そのことに納得できる女性なら、女性のほうも無駄に回りにセフレの話をしません。

 

「俺も人には君の話をしないから、君も友達とかにも言わないで!二人だけの秘密ってことで!」

 

こういった約束を、初期の段階では徹底して教育しておく必要があります。

 

セフレの話を友達にするような女性は、あなたのことをセフレではなく恋人のように錯覚しています。

 

本命よりの恋人になってしまうと、求めるものが違ってきます。

 

当然、そこに齟齬が生じて、遅かれ早かれ終焉を迎えることになってしまいます。

 

セフレの作り方|誰でも作れる王道のセフレ獲得法

 

女友達をセフレにする

 

僕の経験上、女友達は非常にセフレしやすいと感じています。

 

人によっては、女友達がいなかったり、そもそもそういう類の人間ではないからと…

 

ただ、女友達って、別に普段から連絡を頻繁に取り合っていたり、二人でどこかに出かけて行ったり…

 

そういうことをしていない関係でも、広く女友達として定義することが出来ます。

 

昔の職場の女性だったり、学生の頃の同級生や知り合いだったり、バイト時代の後輩とかでも…

 

生きてきた過程で、何かしら接点があった女性というのは、基本はセフレ候補だと思って良いでしょう。

 

気になる女性が身近にいるのなら、気楽な気持ちで「最近、どうしてる?元気?」といった感じで連絡してみると良いでしょう。

 

女友達がセフレになるパターンというのは、ほぼ決まっています。

 

あくまで持論ではありますが、女友達がセフレになりやすいパターンというのは、失恋したタイミングです。

 

このタイミングに、都合よく関係を持てるパターンが、ほぼ全てと言っても良いくらい僕の場合は失恋のタイミングで初セックスを頂いています。

 

女性というのは、大きく2種類のタイプがいると思っていて、セフレになる子がそれ以外か…

 

失恋したタイミングで、「最近知った美味しい居酒屋があるから、一緒に行こう」てな感じで、気楽に誘ってみると良いでしょう。

 

会社の同僚や部下とかの女性を落としたいのなら、頻繁に飲み会に参加するタイプの子は狙い目です。

 

会社でセフレを探す事は、僕はあまりお勧めできませんが…

 

あなたがその気になれば、意外と身近にセフレになりえる子は存在しています。

 

何となく、女性は付きあっている男性としかセックスしないと思い込んでしまいがちですが、全然そんなことはありません。

 

元カノをセフレにする

 

何より手っ取り早いのは、元カノをセフレにするって方法ですね。

 

別れ方とかにもよりますが、基本は元カノは既成事実がある以上、簡単に落としやすいタイプの女性となります。

 

元カノのタイプにもよりますが、今現在、彼氏がいたとしてもセフレに出来たりします。

 

タイミングが良ければ、彼氏や旦那と上手くいっておらず、その場合にはほぼ確実に性に対する不満も抱えているものです。

 

元カノに連絡ができるのなら、まずは「元気?最近どう?」とジャブを打ってみると良いでしょう。

 

現状に不満を持っている元カノほど、連絡には反応してくれますし、すこしジャブを強めに打ってみると、「そこまで言うなら…」と行動を促すことが容易かったりします。

 

僕の知り合いの女性に、元彼とセフレ関係を結んでいる3児の妻がいます。

 

何を隠そう、僕ともセフレ関係なので、そのことを知っているわけですが…

 

僕とのセックスほどの頻度ではないらしく、たまに連絡があって会ったらやってしまうんだって話をしてました。

 

セフレになりやすいタイプの女性は、言ってしまえば貞操観念が低いわけです。

 

元カノの空いた体を、あなたがリースさせてもらっても、誰も傷つかず、むしろウィンウィンの関係を結ぶことも可能だったりします。

 

元カノへのアプローチは、とにかくタイミングが全てだったりします。

 

ジャブを打ってみて、反応が悪かったら数か月待って、またジャブを打ってみましょう。

 

まったく脈がなければ、元カノ側からブロックされたり、拒否されたりするので…

 

セフレを探す上では、セフレタイプではない女性からの拒絶は必要経費だと考えましょう。

 

数を増やすと、思わぬオコボレが頂けたりするものです。

 

凹む必要はなく、セフレが欲しい欲求を満たす為のプロセスだと割り切りましょう。

 

出会い系でセフレと出会う

 

既婚、未婚問わず、男性がセフレを探すのなら…

 

今の時代は、出会い系アプリは必須といえます。

 

元カノだったり、女友達だったり…

 

この辺へのアプローチは、友人関係とかもあってアプローチしづらい…

 

そんなケースもありますし、心理的にどうしてもブレーキがかかってしまう状況の方もおられるでしょう。

 

それだったら、全く自分の生きてきた環境とは違う環境から、女性を選別できる出会い系アプリは重宝します。

 

僕が10代や20代の頃の出会い系は、笑えるくらいサクラだらけで、使うだけ無駄だって扱いでしたが、今の出会い系は質が違います。

 

勿論、使う出会い系アプリを選別する必要はありますが、老舗で大手の出会い系アプリだったら、使えば出会えるというくらい率が高いのが魅力です。

 

何より、女性側もセックス相手を求めているケースが多く、出会ってからホテルに行くまでが早いのが特徴です。

 

ただ、援助交際やデリヘル系の女性が活動しているケースもおおく、その辺の見極めは必要です。

 

まぁ普通に使っていれば、あり得ないような美人の写真を使っていたり、いかにもスケベな書き込みばかりしているような女性はNGだって、まともな感覚があれば分かるものです(笑)

 

風俗で2万も3万も使って一発やって虚しくなるくらいなら、出会い系で月に5,000円も使えば複数の女性とやり取りができます。

 

あなたが既婚者なら、それを伝えてOKだって女性を探せばいいですし、「既婚者ですが気楽に付き合える友達を探してます」ってプロフィールに書いておけば、それを求める既婚者の女性がメッセージをくれたりします。

 

出会い系アプリは、車の運転と同じで、実際に使ってみないことには始まりません。

 

セフレが欲しい男性にとって、コスパ良く出会い、数をこなす上では出会い系アプリは必須といえます。

 

既婚男性だけでなく、既婚女性も多く登録していて、僕も一人出会い系でセフレを調達しているくらいです。

 

既婚女性を攻めたいなら、「15時くらいまで時間がある人」といった感じで掲示板やプロフに書かれています。

 

この辺も、使っているうちに嫌でも特徴がつかめてくるものです。

 

僕も使って既婚女性をセフレに出来た出会い系アプリは、こちらです。

 

PC-MAX公式HP(18歳未満禁止)

 

セフレが欲しい男性と女性の登録率が高く、それでいて年齢認証や法律的な手続きも経ている、信頼できる大手の出会い系アプリです。

 

年齢認証は、生年月日と登録地を確認するだけで、名前や顔写真を送る必要はありません。

 

これらの確認がないサイトは、絶対に使わないようにしましょう。

 

逆に、これらの年齢確認やパトロール体制、10年以上の運営歴といったスペックを持つ出会い系アプリなら、安心して利用可能です。

 

ちなみに僕が使ったPC-MAXなら、使わなくなった時の退会手続きも5クリックくらいで終わります。

 

登録するだけなら無料ですし、課金制ですので勝手に料金が発生したりしないので安心です。

 

セフレを作る男性が気をつけること

 

セフレ注意点

 

他言自慢無用

 

自分だけではなく、女性側にもくぎを刺しておく必要があります。

 

これを守れない女性なら、早々に関係を切った方が身のためです。

 

また、男性はついつい自慢をしてしまいがちです。

 

身近の友達や後輩などに、セフレが何人いるとか、昨日はセフレと会ってきたとか…

 

酒の席などで、つい口を滑らせてしまいやすいので注意しましょう。

 

仮に友達がセフレの話をし出しても、自分にはセフレなんていないといったスタンスで臨むことが大切です。

 

セフレの存在は、セフレとの間だけの秘密です。

 

これが出来れば、長続きしますし、これで軌道に乗れば、きっと良い関係で男としてプラスな状態で進めます。

 

連絡手段

 

浮気や不倫、セフレがバレてしまう理由として、電波モノが挙げられます。

 

つまり、LINEやメールの履歴です。

 

これは、気をつけていても、ついうっかりスマホの画面を見られてしまったりしてバレてしまうことがあります。

 

特に既婚者でセフレを作りたいと考えている方は、責任をもって守秘義務を果たす必要があります。

 

スマホやLINEにパスワードを設定するのは当然として、世間的には注意喚起されていますが…

 

個人的には、スマホはパートナーにそのまま渡して、中身を見られても問題ないといった状態にしておくのが理想としています。

 

そのため、僕の場合はヤフーやライブドアなどのWEBメールと言われるフリーのメールアドレスを使っています。

 

もっと具体的にいえば、フリーメールをIDとパスワードをセフレと共有するわけです。

 

その上で、お互い連絡を取りたい時には、「下書き保存」の中にメッセージを残します。

 

さらに言えば、下書き保存も未読ではなく既読にして「1件」といった感じで表示されないようにします。

 

普通、送信と受信ボックスをチェックしますが、下書き保存の部分まではチェックしませんね。

 

さらにいえば、フリーメールアドレスまでチェックしてくるパートナーはなかなかいません。

 

二重にも三重にも保険をかける連絡手段として、他では語られない僕の独自の連絡手段です。

 

出会い系で知り合った子や友達をセフレにする際などは、最初はLINEなどでやり取りすると思います。

 

しかし、セフレ化できた後は、早めにこのフリーメール作戦に切り空けると、嫁バレ、彼女バレでセフレ関係を解消させられるリスクを極限まで抑えられます。

 

オナ禁必須

 

オナ禁の効用については、色々なサイトで語られていますね。

 

これ、あなたは実際に試したことがありますか?

 

毎日シコシコするのが当たり前、テレビやパソコンを見ていれば、性を刺激する描写は避けられないほど浴びせられます。

 

そのたびに、ムラムラを解消するために一発しこっていませんか?

 

これだと、性エネルギーを半端なく無駄遣いしてしまいます。

 

それだけではありません。

 

これは持論ですが、性エネルギーを無駄遣いすると、セフレや本命とのセックスの感度が著しく落ちるだけではなく、なんと感謝の気持ちも落ちてしまいます。

 

それによって、トラブルの火種を生みやすいというのが私の持論です。

 

性を満たすために、自分の右手ばかりを使っていると、これはある意味で自分の右手が一人のセフレ状態です。

 

しかも、この右手というセフレは、文句も言わずいつでもシコシコと発射のお手伝いをしてくれます。

 

この便利さが錯覚を生み、生身の人間である女性に対しても「お前も右手を見習え!」といわんばかりの、傲慢ともいえる錯覚を生んでしまいます。

 

極論のように思われるかもしれませんが、オナ禁をしてみると実感できることでしょう。

 

自分ではしないと決めるだけで、女性への扱いが変わります。

 

女性を蔑ろにしてしまいがちな男性ほど、性を女性にしか頼らないと決めることで、女性への感謝と包容力を得ることが出来ます。

 

オナってばかりいて、たまにセフレや本命とセックスしたりしていると、感度も落ちますので勿体ないです。

 

また、セックスできることへの感謝が欠乏してしまい、セフレや本命への接し方が雑になってしまいます。

 

オナ禁は、間接的にではありますが、セフレとの関係維持のためにも必要な修行だと考えています。

 

まとめ

 

セフレを持つ既婚者の僕が、セフレを持つことで妻とも上手く家庭生活を送っている。

 

こんな事実を、誰にも打ち明けたことはありません。

 

僕的には、セフレとの関係は良好な家庭環境を築くうえで、非常に重宝している欠かせない関係となっています。

 

そしてこれからも、セフレと月1,2ペースで会って性エネルギーを発散し、円満にセフレ関係を解消した際には、出会い系で新規調達を続けていくでしょう。

 

賛否両論というより、世間的には非難される所業ではありますが、一部の男性は賛同してくれるのではないかとも思っています。

 

顔も知らないあなたが、僕のこのページの文章から、少しでも参考になる部分を持って帰って頂ければ幸いです。

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

PC-MAX公式HP(18歳未満禁止)

「セフレにしようと思っていたのに…」いざゲットできた女性が、なぜかワンナイトで終わってしまうことってありませんか?できれば、セフレとして継続的にお世話になりたいのに、なぜか1度きりの関係で終わってしまう…そんな男性のために、セフレ関係を長続きさせるための簡単なコツをご紹介します。簡単な長続きさせるコツを意識して実践するだけで、使い捨て男から常備男へと変貌する...
僕の体験談と友達の体験談をもとに、40代でもセフレが作れる方法を厳選しました。究極、この2つの方法が40代の男性でもセフレを作れる方法じゃないかと思われます。スナックのバツイチ子持ちを狙う地方在住の方なら、分かると思いますが…古びたスナックの中には、30代そこそこのシングルマザーがうようよしています。スナックなど、お金を捨てに行くような場所だと…行きつけのス...
ページの先頭へ戻る